エキストリーム出社!

エキストリーム出社?

出社前に”とてつもなくアクティビティな活動”を行うことを指す言葉である。朝活が行きつくところまで行き着いた活動を指す言葉のことである。

登山、海水浴、フルマラソン、旅行、、、連休の前に予定を立ててから、休暇のメーンアクティビティたりえるレベルの活動を、出勤前にこなし何食わぬ顔で仕事をするというもの。

数年前に流行りかけた(?)活動だ。

例えば東京駅近辺に勤めているとして、まずは東海道新幹線で名古屋に行く(始発6:00)のぞみであれば7:34に名古屋駅に着く。そこで当然(??)名古屋のカフェで朝食をとる。そして8:12に再度東海道新幹線で東京に戻る(9:53着)。10時出社の会社であればギリギリいけるかもしれない。

このように、出社前にそんなことができるなんて信じられない!と周りからも驚嘆されるレベルのアクティビティさを持った活動のことを指す。ちなみに名古屋に行くのは今これを書いている中での思いつきだが、難易度☆☆☆☆レベルの、少々難しいくらいのレベルの活動である。

でも名古屋駅に出社前にSNSとかにあげれば目立つこと間違いなしである。目立ってどうなるかって?人間たまには目立ちたい時もある。

ちなみに前日の夜中に名古屋入りすれば難易度☆レベルである。かなり簡単に達成できる。そこまでして達成して何になるのかって?もうそんなこと考えるのはやめよう。

ある人の体験談では合コンする人もいるようだ。ただし、朝からこれだけの回数カフェに行ったことがある私でさえ合コンは見たことがないため、都市伝説かもしれない。相手が夜勤明けの看護師とかだったらちょっと可能性あるかもしれないが、コーヒーとかで乾杯する感じだろうか。ちなみに夜勤にも残業があるので、早朝だとて残業で決行できずという事態も考えておく必要はある。また、相手はおそらく寝ているとはいえ徹夜明けということも押さえておきたいところ。抑えておいて損はない!

そうなると会社員の方がいい気もしてきたが、それに複数人付き合ってくれるか?という疑問は捨てきれない。普通に英会話とかの朝活サークルとかに参加した方がいいじゃんっていうツッコミはなしである。

なおそれほど流行らなかったようなので、言葉の認知度は高くはない。検索をかけても数年前の記事しかヒットしない。キワモノ的な扱いを受けてしまったようである。

ただ、試み自体は面白い。youtuberの方などがエキストリーム出社のコーナーを作ったりするとまだまだこれから流行るかもわからない。ポテンシャルだけは高い活動である。

朝は自分が起きさえすれば時間はその分確保できるので、自分の心がけ次第でどうにでもコントロールすることができる。

この活動にもルールがあり、「遅刻は失格」だそう。他の人に迷惑をかけないことが第一原則出そうだ。非日常的なことを行なっても、頭を切り替えて日常に戻らなくてはならない。その方がメリハリがつく、こともあるかもしれない。

私が提唱する朝活はあくまで英語とかのスキルアップということに焦点を置いていたが、こちらの方はレジャーというところに焦点を置いている。頭もリフレッシュして仕事にもやる気が出てくるの可能性はある?千葉の内房まで電車で行って、海を見てから出社するのも悪くはない、かもしれない。

またエキストリーム出社の提唱者がインタビューを受けている記事を発見した。「平日の朝は非常にアクティブに活動されていますが、休日はどうですか?」とインタビュアーから聞かれ、「疲れて寝ています」と答えていたのが印象的であった。代償は大きい。

ただ少なくとも仕事に行きたくなくて朝なかなか起きられない、とかそういった気持ちで朝を迎えることは無くなりそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

無の境地