妥協して得たものを肯定する生き方

人生は思い通りにいかないことがたくさんある。わかりやすいところでいけば今の職業。あなたがもし会社員だったとして、それは自分が一番勤めたかった企業で、目指していた職種で、やりたかった仕事内容だろうか?

朝起きて仕事に行くことを毎日望んでいるだろうか?

もしくは会社員になることを、そもそも望んでいただろうか?

今やっている仕事が、自分の願望と完全にマッチしている人はごくひと握りだと考える。特に雇われの身分であれば本当に難しい。

会社勤めをしていれば仕事は膨大にあるし、特に総合職という職種に関して言えば業務内容が結構ざっくりしている。その仕事は大まかには営業に関わるものだろう、技術系の話だろう、多分あいつがやっている仕事に関連するだろう、という感じで結構ざっくりと仕事がくる。

日本企業では仕事の線引きがそれ程はっきりしていない。所掌をあまり明確にさせすぎると誰の仕事でもない仕事が沢山発生するし、ガチガチの契約社会でもないから仕方のない部分も多い。「誰かがやらなければならないのだから」と上司が言うのはよくある光景だろうと思う。

また、これは同調圧力とでもいうべきであろうか。「仕事は自ら進んでやらなければならない」という、そういった概念を持っていなければならないものとされているし、それに疑問を投げかけるのはあまり許されていない。

「仕事だから頑張らなければならない」という、何の理由も合意もなしに仕事を神聖化するような人も大勢いる。これは特に年配に多い気がする。管理する側からすれば、そのような考えを同調圧力的に持たせるのは都合が良い面もあるのだろうと考えている。私が捻くれているだけであろうか?

それらの仕事が、自分のやりたいものばかりなんて状況はまずあり得ない。だが、だからと言ってすぐに仕事をやめたりはしないだろうと思う。多少の不満を心の中に覚えつつも、仕方がないと割り切る。あくまで自分がそれを受け入れることができるか、あくまでもこれは程度の問題である。

転職するにしても、転職先が今よりも条件が悪いことだってありえるし、業務をまた覚え直す負担もある。年齢やスキルを考えるとリスクはそんなに小さくない。そのようなもの全てを天秤にかけて、今の仕事は受け入れることができるか否かで判断する。

私はまさにそのような状態である。「貰っている給料や休日数を鑑み、日々の負荷や精神的なストレスがそれに見合うものなのか」という尺度で仕事を続けるか否か判断する。潜在的にこの考えはいつでも存在している。

この状態で仕事を続けているとして、これを妥協と呼ばずになんと呼ぼう。私は世の中のほとんどの人はこのような状態だと考えているし、そう考えてもそれ程間違えていないと思う。

ちなみに、私は妥協を悪いものだと考えていない。むしろ積極的に妥協すべきであろうとも考えて今回この記事を書いている。

「自分がやりたいことをすべき理論」というものが存在する。著名な起業者などはそういった考えなどを本にして発信していたりする。それに関しては確かにその通りだと納得する部分も多いのだが、現実的にどうなのかと言えばそれは難しいだろうと言わざるを得ない。

それを聞いても行動しない人がほとんどだ。結婚していてそのリスクを取れない人もいるだろう。そこまではしたくないと考える人や、そもそも人生をかけてやりたいことがないという人もいるだろう。

これは単に割合の問題の話だ。行動する人もいれば、行動しない人もいる。そして行動しない人は結果的に絶対存在する。

であれば結果的に自分が行動しない側の人になったとして、それを嘆くのではなく、その生き方を肯定することを考える。

現在の仕事に何らか不満があったとしても、「どの企業でどういった職種であれ、望まない仕事は大量にある」といった「酸っぱいブドウ理論」は仕事に関してはおそらく正解である。手に入らないものを悪く考え、手に入れているものを良く考えてみる。

「現状維持こそリスクが小さく、労力に対するリターンが一番大きい」と考えても良い。だから今こういった生き方を選択しているのだと自分を納得させる。

「人間関係はそれ程悪くない」「時給ベースで考えればそれ程悪くない」「お客さんに感謝されることもある」と今の仕事の良い面を考える。とにかく良い面を見るのを意識して、悪い面から目を背けてみる。

大金持ちで、仕事をする必要のない人を羨む人は多いはずだ。そうなりたいと望んでいる人も多いと思うし私もその一人だ。ちなみに言うまでもないが現実まだそうはなっていない。

ただ、私が色々と調べた範囲において、全く働く必要がないだけのお金を持っている人でも、結局は毎日が暇だったり、人とのつながりや自らの存在意義を求めて仕事をするケースが多いという。

であれば本当に働かなくても良い立場というのは、幸せなのだろうかと疑問を持ってみる。

また、欲しいものは実際に手に入れるより、それを望んで行動している時間が結局一番楽しかったということもよくある。

であれば、今何かを目指しているような状態が一番幸せな状態なのではないかと考えてみる。

自分が望んでいるものを手にいれていないが、どの状態が一番幸せなのかが実際に知るのは不可能である。だったら実は今が一番幸せなのではないのかと考えてみる。現状がベストな状態かは自分の尺度次第であり、変えることができないのであれば、現状を肯定することを考えてみるのは悪い考えではない。

ただし現状の肯定は、妥協というネガティブな考え方でもあることは事実である。妥協するか否かは長期的な観点で考えることだって必要だ。人生が終わりに近づいてきて、自らの目標や、なりたい自分になることに全くフォーカスしなかった場合は恐らく後悔するのは想像に難くない。とにかく現状を肯定するという考え一辺倒ではいけないのだが、これは程度の問題である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です