あたりを引くまで引けば良い

タイトルを見てソシャゲのガチャを連想される方も多いかもしれない。何を隠そう私もやっているのでよくわかる。ネコのやつ、ちなみに課金はほとんどしない。

本当はその話をしたいくらいな気持ちもあるが、読者目線で行けば中途半端にやっている私より、廃課金者の掲示板とかYoutuberとかの方を見た方がよっぽど良いと思う。

と言うわけで本日は英語の話を久々に行こうと思う。

久しぶりである、ではいってみよーう⤴︎⤴︎

と言うのも、ここ最近は外国人を会社に迎えて一緒に仕事をする機会が多かった。英語を話す機会が久しぶりに持てたから、久しぶりに英語の話題に関して書いていきたい。

結論から行けばまあやはりあれだ、私も含め普通の日本人はかなり苦労しちゃう、ええ。帰国子女とか英語の専門家を除き、それなりの大学を出た人たちとかでもすべからく苦労している。英語を少なくとも数年間はめちゃくちゃ勉強し、英検1級取得&Toeic900overの私も例外ではない。

ノンネイティブでペラペラと不自由もせずに英語を使っている人たちは、一体どれほどの苦労をしたのだ、と途方に暮れてしまう。たまにいるから困りもの、私も勉強したからその凄さがわかる。それこそ趣味のように、好きでやらない限りは独学でそこまでは難しいと思う。

ネイティブ話者が話す英語のリスニング。正直もう、パーフェクトに聞き取れないのは仕方がない。ただ、前提として相手が何を伝えたいのかはわかった上で話を聞くようにしなければならない。その前提がなければ聞き取りはさらに困難である。相手を良く観察していれば何となしにわかることもあるが、相手が何を言っているか分からない時は、まずこの部分を聞き返してでも確認すべきと思う。

また、意味は自分の中である程度のストーリーを持って矛盾のないよう推測し、それでもダメなら(時間と場面が許す限り)聞き直す。そしてちょっと集中が切れて話を聞いていないとあっという間に何の話題なのかすら分からなくなるので注意が必要だ。分からなくても正直もう当然くらいに思っている。ただ、それでもどうにかしようとする姿勢は最後まで捨ててはいけない。相手も熱意を持って理解しようとする人には何とか伝えようとするのだから。

そしてスピーキング、本当に伝えたいのはどちらかといえばこちら。と言うのはこれに関していえば、心構えだけで大きく結果を変えることが出来ると思う。

例えば外国人が日本に来た時、大抵の場合において時差の話題が一度は出る。時差辛くない?眠くない?って感じだろうか。私含めその他の人もいろいろな場面で何回か質問しているのを見た。そのくらい掴みの会話としては間違いのない、汎用的な話題と思う。

その際、時差ボケと言う表現は”Jet lag”と言う一対一対応の英語があるので、そこそこ英語の単語を知っている人であれば先ずはそれを使うことを考えると思う。

Are you ok with your jet lag?

とか。ただしこの表現に関しては、日本人の発音が原因なのか?それともネイティブがそんなに使わない表現なのか?日本人の英語レベルからしてその単語を知っているはずないだろうとの思い込みなのか、、、

大抵はなぜか1度では伝わらないことの方が体感的に多い。

ん?と言う顔をされ、もう一度”Jet lag?”とか言ってもう一度単語だけを繰り返す光景は何度も見た。それでもなかなか伝わらない。

話を戻して、スピーキングにおいて私が大切にしている心構えとは、「英語で言いたいことは一回では伝わらない」と言う前提を持つことである。ただただ同じことを繰り返し言うのではなく、できる限り表現を変えたり、付加する情報を付け加えたりして何度もトライする。そうすればより早く伝わる可能性が高い。泥臭いが、詰め合わせ詰め合わせで何とか補完する感じの会話だ。

このスタイルの考え方では、時差ボケ=Jet lagでその単語が伝わらなかったからと言ってそれを繰り返す一辺倒ではいけない。time differenceとかin the night in Japan, morning in your countryとか。またはYou must be sleepyとか、とにかく表現を変えてみる。

とにかく立ち止まらずに、結論は同じ内容であれど表現を変えて発信し続ける。一対一対応の英単語を考える方法はあまり良い手とは言えないと思っている。この会話スタイルの良いところは、相手も自分が何を伝えたいのか読み取ってくれるように努力してくれることもある。その結果、自分の英語力以上にコミュニケーションが取れる可能性が高い。

単語をたくさん覚えても、難しい単語は結局あまりよく伝わらないこともある。ただしこれに関しては試験をパスするためには必要なステップでもあり、高校で習うくらいまでの単語は最低限は必要なのは否定できない。ただし会話において単語力に頼りすぎは良くない。文法がはちゃめちゃでも、それでも伝えるのが目的という意識であれば、多少は仕方がない。私も会話に特に慣れてはいないので、正しい文法を使うことを諦めてでもとにかく単語を羅列する作戦を取る。その方が良い結果を生むと思っている。

今自分が持っている知識を組み合わせて伝えたい内容を何個でも組み立てれば、その方がよほど伝わる可能性が高いし実用性が高い。英語はあくまで相手とコミュニケーションを取るための手段なので、手段にこだわりすぎていては本末転倒で、目的ありきの思考が必要とおもう。

答えはたくさんあるし、相手に伝わりさえすればそれが答えである。当たりを引くまで引く作戦と自分の中では呼んでいる。

ちなみに↓の文献に大いに影響された考え方だ。実は一度紹介済み、、

興味があれば、クリック!!してコピペとかしてamazonとかで買えば良いと思うw

ずるいえいご 青木ゆか×ほしのゆみ

あたりを引くまで引けば良い” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です