#1沢山あった方が良いものシリーズ:水500ml

よく、朝起きて目を覚ますには、”すぐに水を飲め”と言うことを言う人がいる。確かに水を飲むと目は覚めると思う。それは間違い無い。

ただ、朝に弱い人からは”そこまでが遠いんだよ”ともよく言われる。立ち上がって蛇口をひねり、コップに水を注ぐ。そこまでできるのであれば水なんて飲まなくてもほとんど起きたも同然なんだと。私含め朝が弱い人はそこにたどり着くことなく、起きようと葛藤する日々を送ることになるのだ。

そして睡魔との戦いに敗れて再度眠りについてしまう、さらに最近は寒くなってきたので特に布団から出たくなくなる。

よくわかる、私も似たようなものである。人間強制されずに早起きするのは難しい。意思の力だけでは限界がある。

そこで、今回紹介する方法は、目覚めてすぐの睡魔との戦いを完全に克服するものではないのだが、ちょっとは戦いに勝利しやすくなる方法だ。

それは、、

数十本単位でペットボトルの水を買い、起きてからすぐに手を伸ばせば届くところに置くこと。とにかく家に水のストックを切らさないようにする。

この方法は良い。ペットボトルなので布団から出なくとも、なんなら寝たままの体勢でも水を飲むことができる。私の考えつく限り、水を飲むまでの最も低いハードルだと思う。

当然朝から全部飲むことはできないのだが、飲みかけを持って会社に行けば自販機とかで飲み物を買う機会が減るのでちょっと節約にもなる。コップを洗う必要もないし、ついでにサプリとかも飲めちゃう。ややもすれば災害時の備えにもなる?

水なんてスーパーで1本50-60円くらいで売っているし、amazonで買えば重いものを運ぶ必要もない。

さらに、起きがけに水を飲むのは体に良い。らしい(Google調べ)

まさにライフハックにも近しいほどに、とっても合理的。水筒とかでもいい気もしたが、洗うのが面倒で続かないw

#1沢山あった方が良いものシリーズ:水500ml” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

#6R18 上司の嫁